日記

お腹周りのダイエットにチャレンジ

・まずは基礎代謝を上げる

身体の基礎代謝を上げることによって、脂肪を燃焼しやすくなり

ダイエットの効果が出やすくなります。
この代謝を上げるのにおすすめなのが、ターメリック(ウコン)です。
ターメリックに含まれるクルクミンという成分が、

脂肪分を胆汁に変える働きを持っているので
脂肪が付きにくく、燃えやすい体質になります。
ターメリックをおいしく摂取するには、カレーがおすすめです。
出来れば1日1回、活動を始める朝から食べるのが良いですが

朝一からカレーはキツイですよね^^;
そんな場合には、ウコンの力やサプリでも良いかと思います。
・お腹に効いたトレーニング

基本的には腹筋運動ですが、

普通の腹筋運動とはちょっとだけ違います。
・まず、仰向けに寝た状態でひざを90度に曲げて立てます。
・この状態で手を頭の後ろに組み、5秒かけてゆっくり上体を起こします。
・しっかり状態を起こしたら、今度は5秒かけてゆっくり上体を倒します。

このとき、背中は床につけないようにします。
この腹筋運動を20回繰り返して終了です。
なかなかキツイ運動なので、慣れないうちは10回くらいでもOKです^^
1日何セットもする筋力トレーニングとは違い

このトレーニングは、1日1セットで終わりです。
慣れてきたら、回数を増やすとより効果が出てきます。
寝る前の運動は脳が活性化して眠れなくなるので、オススメはできませんが

僕はいつも時間がある寝る前に、このトレーニングをやっています。
このトレーニングを始めて5日目くらいから効果を実感し始め
2週間ちょっとで、74kgあった体重が

気が付けば、以前よりも軽い65kgになっていました!
現在も続けており、 ゆっくり腹筋することにより

インナーマッスル(表面には現れない内側の筋肉)が付いたためか、

以前よりかなりスッキリしました♪
ちなみに今の体重は63kgです!
独自で考えた方法なので、効き目には個人差があるとは思いますが

時間がなく、十度のめんどくさがり屋の僕でも続いているので

バルクアップアーマープロの販売店はここだ!

ボイトレをしてみた

いつどんな時にでも、歌をうまく歌うためには

日ごろから歌の練習をしたり
肺活量を鍛えていないと、いざという時に

うまく歌えませんよね;
実は、近日開催される地元のイベントに僕も参加することになり

歌を披露することになってしまったんですが、
「まぁいつも通り歌えば大丈夫だろう」と思い、先日久しぶりに

最終確認のつもりでカラオケに行ったところ…
以前は歌えていた高音の部分が出ない!?

そして、息が続かない!?(焦)
大好きなコブクロや谷山紀章さんの歌のサビが歌えずに

かなりショックを受けてしまいました;
以前は、出勤途中の車の中で音楽を流しながら

ほとんど毎日歌っていたんですが、
最近は仕事の環境が大きく変わってしまい

ここ4ヶ月ほど、全く歌う機会がありませんでした;
毎日練習したいと思っても、家族がいると

恥ずかしいまたはうるさいと言われ、
ご近所の目もあったりして、なかなか大きな声を出して

歌を練習できる環境がありませんよね;
だからといって、毎日カラオケに行ったり

スタジオに通っているとお金が馬鹿になりませんし…
どうにかならないかと思い、以前バンドに誘ってくれた

ボーカルの知り合いに相談してみたところ、
家族やご近所さんの目を気にせず、

静かにできるボイトレと肺活量を鍛える方法

を教えてもらったので、紹介したいと思います。
・自宅でできる肺活量の鍛え方

歌を歌う人にとって、肺活量はとても大切なもので

うまく音程を取ることよりも大切と言っても過言ではありません。
肺活量がないと、どんなにうまく音が取れていても

息が続かないと声が出ません。
「サビだけ歌うと歌えても、最初からフルで歌うと

サビの部分で声が出なくて歌えない。」
こんな経験がある人は、肺活量を鍛えることによって

解消することができます。
肺活量を鍛えると言うと、毎日走り込んだり

プロのような発声練習のイメージがあると思うんですが、
実は、特殊な呼吸方法で肺活量を鍛えることができます。
・特殊な呼吸方法とは?
・ まず、口から大きく息を吸い込みます。
このとき、背筋をまっすぐ伸ばして、肺で吸い込むのではなく

お腹が膨らむよう意識しながら限界まで吸い込みます。
わかりにくい場合は、お腹の横隔膜辺り(みぞおち辺り)に

手を当ててやるとわかりやすいですよ^^
背筋が曲がって前かがみになっていると、空気を

吸い込む量が少なくなるので効果が出にくくなります。
また、吸い込むときに肩が上がってしまうと、自然と

肺で吸い込んでしまうので、肩が上がらないように注意しましょう。
・限界まで吸い込んだら、思いっきり吐き出します。
バースデイケーキのロウソクの火を吹き消すように

頬(ほほ)を膨らせて思いっきり吐き出します。
この呼吸を、少しキツイと思い始めた回数+3回を目標にやりましょう。

無理はしないように注意してください。
・静かにボイトレをする方法

ボイトレは大きな声を出してするものだ

と思っていましたが、知り合いから
声を出さなくてもボイトレはできる

ということを教えてもらいました。
どうやるかというと、思ったよりも単純で

声を出さずに歌うというトレーニング方法でした。
声を出さなければ、高い音の発声練習ができないのでは?

と思われた人もいると思うんですが…
試しに、喉に手を当てて声を出さずに歌ってみてください。
どうでしょうか?

喉が動いていることが確認できますよね。
高く張った声を出すときに使われる、喉の

輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)も
声を出さなくても動かすことができるので

高音を鍛えることが可能です。
このボイトレでは声は出しませんが、

先ほどの肺活量を鍛える呼吸でもありました
お腹で息を吸い込むことを意識して、喉で息をとどめず

しっかり吐き出して歌いましょう。
卵子の老化防止がサプリで可能に