車は下取りと買取りどちらがいいのか?

車の下取りと買取りというのは基本的には同じではありません。
どっちがいいのかというのは一概に言えることではなくて、売りたい車によって変わりますし、
乗り換えをする場合にかかる手間をどれだけ許容できるのかという個人の感覚によっても
変わるので先に車を売る時に何を一番重要視するかを決めてから下取りにするのか、
買取りにするのかを考えるといいのではないでしょうか?
それを踏まえた上でよく言われているのは下取りをする時にディーラーは目利き力がないということです。
これを理由に下取りでは高値は期待できないという人もいますが、逆に目利き力がないから
相場よりも高い値段で買い取ってくれるという人もいます。
まあ実際にはそのディーラーにもよると思いますが。
中には下取り査定の時にその車の情報を知っている車買取り店に丸投げしてある程度の
査定額を教えてもらっているディーラーもあると噂で聞いたこともあります。
それがどういった影響を与えるのかというのはまた違う話なのですが。
ただ下取りに出す場合は値引き額とその車の買取り額がごっちゃになってしまう人が多いので
しっかりと別々のものだと捉えて一応買取り店でも査定をしてもらっておくと大きく
失敗する可能性はなくなるのではないかと思います。
またディーラーとの付き合いを大事に考える人もいるでしょうからね。
一概に査定金額だけで良し悪しを決めるのはどうかと思います。こちら