自動車運転免許は取得したら一生もの

自動車の運転免許というのは、取得してしまえば後はずっと放っておいても良い、というものでは決してありません。
決められた期限が来たら、たとえその間に1度も自動車に乗っていなかったとしても、更新をしなければ失効してしまいます。
ゴールド免許ですと5年間は更新期限に猶予がありますが、あまり普段から自動車に乗らないからゴールド免許だという人は数多く存在しており、そんな人は免許の更新をうっかり忘れてしまうので注意が必要です。
そんな更新し忘れを防ぐために、最寄の警察署から更新の連絡がくるのですが、引越した場合は住所変更を届け出ていないと更新のハガキが届きませんので、そんなときは自分で気付くしかありません。
ですから、自動車の免許を持っている人は、必ず自分の誕生日が迫ったら「今年は更新の年だったかな?」ということを、思い出すように習慣付けておかなければならないのです。
そうでないと、失効してしまってから思い出しても手遅れとなり、再度免許を取り直しという苦い結果が待ち受けています。
ですので、自動車運転免許は取得したら一生ものだと私は思います。こちら